本文へスキップ

SCC 信州コペンクラブ

信州コペンクラブへようこそ!


What is SCC??

コペンが好きな人 and 信州周辺の人 or 信州の好きな人。
メンバー登録などは特にありません。
れんらくちょうにかきこしたりオフ会に参加したあなたはすでにメンバーです!
あなたの書きこみ・ご参加をお待ちしています。


*おかげさまで第17回 2017ビーナスラインオフミーティングは無事終了しました!


***********************

第17回ビーナスラインオフミーティング2017、
皆さんのご協力の元、今年も無事に終えることができました。
参加された皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした!

4月末に行われた募集では、なんと開始後1時間程で締め切り!
皆さんのビーオフに対する熱い思いをヒシヒシと感じました。
昨年の募集開始後4時間の締め切り記録を大きく更新し、スタッフ共々驚きました。

今年はこれまでに無いほどの晴天に恵まれ、
全行程オープン走行、新緑の木々からの爽やかな風を受けて
ドライブを楽しめたのでは無いでしょうか。

冴え渡る青空の白雲、眼下に広がる萌黄(もえぎ)色の高原、
遠くに見える残雪の残る山々等、鮮やかで華やかな景色も楽しめたと思います。

また来年も皆さんに、この場所でお会いできることを
心より楽しみにしております!
ありがとうございました。

report by ぺんぺん

************************

2017ビーオフデータ
参加人数208名
参加台数155台

初代コペン     110台(71.9%)
コペンローブ    21台(13.7%)
コペンエクスプレイ  5台(3.3%)
コペンセロ     13台(8.5%)
その他        4台(2.8%)
不明(回答なし)   2台

*ビーオフフォトレポート

 
 
 

第17回 ヴィーナスラインオフミーティング2017 無事終了致しました。
参加された皆さん、スタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました。
今年の募集開始日が祝日の土曜日と言う事で皆さん会社がお休みと察し定員になる時間が去年の4時間半より早くなると予想はしてましたがまさかの1時間で終了!
これにはスタッフも間に合わないのでは・・・の状況でした。
今回は総台数155台208名の参加頂きました。
その内 コペンは150台の参加でした。
北は福島県、西は四国、岡山県と遠方よりの参加も たいへん有り難く思います。
天気は何年ぶりかの好天で皆さんオープンでヴィーナスを満喫されたかと思います。
前日深夜からの出発や当日早朝出発の方、たいへんお疲れ様でした、無事 帰宅されたでしょうか?
また来年 車山でお会いできるのを楽しみにしております。 ありがとうございました。
ビーオフ実行委員会


オフ会れんらくちょう"第17回ヴィーナスラインオフミーティング終了"




*ビーオフムービーのお知らせ




今年も恒例のビーオフムービーを数量限定制作いたします!
今回は映像制作班や監督が変わり、例年とはまた違った雰囲気の仕上がりになる予定です!
当日撮影させて頂いた映像は、できるかぎり全ての方が映るように編集させて頂いています。

SCC動画撮影班の努力の結晶を是非お求めください!

映像は完成次第、エントリー時のメールアドレスへお知らせをお送りさせて頂きます。
完成まで今しばらくお待ち下さい!
※個人情報・プライバシーの関係上、販売はビーオフ参加者様に限らせて頂きます。予めご了承下さい。


*交通タイムス社『autostyle vol.9 ダイハツコペン02('17) チューニング&ドレスアップガイド』にビーオフの記事が掲載されました


第17回 2017ビーナスラインオフミーティング(通称ビーオフ)
コペンオーナーが心躍る!!「ビーオフ」とは!?


SCC信州コペンクラブ主催の「第17回2017ビーナスラインオフミーティング(通称ビーオフ)」が6月3日に開催された。
主催の信州コペンクラブは、2002年に発足した日本一老舗のコペンオーナーズクラブで、ビーオフはコペン発売の年からず〜っと続けてきた歴史のあるオフ会だ。
このオフ会の大きな特徴は、集合場所の車山高原から昼食場所の美ヶ原高原まで、ビーナスラインを1時間かけてツーリングするところ。
そして今年は160台がツーリングに参加した。
当日は快晴で、車山高原からは富士山が見え、美ヶ原高原では眼下に松本市を望むことができたのだ。
参加したコペンオーナーによれば、高原道路を連なって走ったときは「心踊りました!」とのこと。
毎年参加募集開始からわずかな時間で募集人数に到達してしまうのは、こういった壮大な自然の中での非日常的な時間を体験できるからなのだろうね。

ギャラリー

inserted by FC2 system